合コン NGワード 避ける 男

女性にとってのNGワードを避ける

スポンサーリンク

合コン成功の基本は、女性が「楽しかった」と思えるかどうか。
女性を楽しませる会話の技術は、合コンでもてる男の必須条件ですが、逆に相手を怒らせてしまうなら、元も子もありません。
勿論わざわざ合コンで相手を怒らせようとする男なんていませんが、女心の分からない男は悪気なくうっかりと女性にとってのNGワードを放ってしまうことがあります。
合コンの時のみならず、普段の日常会話でも女性にNGワードを放っていないかどうか、よくチェックしてください。


女性にとってのNGワードの最たる例が、女性の体に関するマイナス発言です。
「太ったね」「毛深いね」「顔が大きいね」、これらに関連する言葉は絶対にNGです。
例えば男の側からすると「ぽっちゃりしている子が好き」という気持ちから発した言葉であったとしても、女性は決して喜びません。
褒めたつもりでも相手にとってはコンプレックスになっている場合もあるので、基本的に身体的な面でのコメントは避けるほうが無難です。

スポンサーリンク

「女性のくせに」「女性の割りに」も、NGワード。
こんな性差別的な発言をする人は今の時代少なくなっているとは思いますが、普段心の中で思っている人は何かの折にポロッと言ってしまうでしょう。
「女性の割りに」は、本人は褒めたつもりでもその根底にあるのが女性を卑下した見方なので、性差別に敏感な女性であればやっぱりNGになります。


更に相手の話を勝手に完結させてしまう「はいはい」「分かった分かった」「その話はまた今度聞くよ」も女性を怒らせます。
当然下ネタも大抵の女性にとってNGですので、笑いをとろうとしてのことであっても避けてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加