類似性 合コン

合コンでは「類似性」重視!

スポンサーリンク

自分と同じ行動、仕草をする人を好きになるという心理を「類似性」と呼び、これを応用して意中の異性を誘導するテクニックを「ミラーリング」と言います。
これは合コンのような初対面でまだ相手の性格や内面性を知らない段階では非常に有効です。
というのも、人はまだあまり親しくない相手を友人や恋人候補として選ぶかどうかは、この類似性に大きく依存しているからです。


例えば合コンで初めて出会った女性とのちょっとした会話で、出身地や趣味が同じだったということが分かると、それだけで一気に親しみを感じ仲良くなることができますよね。
このように、最初の段階で親しくなれるかどうかは、類似性が大きく関係しており、その心理からしてミラーリングには大きな効果が期待できるわけです。

スポンサーリンク

しかし親しくなり、相手を人生のパートナーとして選ぶかどうかという段階になると、人は心理的に今度は「相補性」を重視するようになります。
「相補性」とは、類似性とは逆に自分に足りないものを補ってくれる特質を持っているかどうかということです。
相補性がなければ、人生における様々な共同作業をスムーズに進めていくことができないからです。
例えば自分がおしゃべりなタイプなら相手は良く聞くタイプ、自分がせっかちなタイプなら相手はのんびりタイプ。
このような性格的な相補性があれば、それぞれに適した役割分担ができるわけです。


従って、出会いの段階では類似性、付き合いが深くなるにつれて相補性が大切ということ。
ですから合コンの段階では相補性は見せず、類似性をアピールすることに終始しましょう。
上手くいって付き合いだしてから、相補性についても考えていけば良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加