合コン 必勝法 話題 会話 自己紹介

合コンでもてる男になるために必要なこと

スポンサーリンク

こんにちは!

 

本サイト「もてる男の合コン成功術」をご覧くださって、ありがとうございます。

 

きっと、このサイトに訪れてくださったのは、もてる男になりたい男性や女の子との出会いが欲しい男性、あるいは、合コンでもてるにはどうやったらいいのかが知りたい男性でしょうか?

 

それらの疑問点に対する一定の答えがこのサイトには用意されています。

 

きっと、現代人にとって、恋愛におけるパートナーを見つけるための機会としては、もっともメジャーなツールといえるのが、合コンではないでしょうか?

 

実際、私の知り合いの中でも合コンから交際にいたったとか、結婚までしたとか、そういうカップルは結構な割合でいます。

 

私の知り合いで最近結婚したカップルを思い浮かべると、実に半分くらいのカップルは合コンで知り合ったのが出会いのきっかけだと思います。


職場ではいい出会いがあるとは限りませんし、うまくいけばメリットもたくさんありますが、肩身が狭く、職場恋愛というのはやりにくい面もあるのでしょうね。

 

また、ナンパというのは、まだまだ、日本人にとっては、敷居の高い出会いの方法のようです。
ナンパもはじめのうちはなかなか厳しい面もあるのでしょうけど、慣れと数が大事で、何とでもなるんですけどね。

 

でも、初心者の方には、やっぱり合コンがやりやすいでしょう。

 

ナンパでは、まったくの他人の状態から、まずは、自分の話を聞いてもらうために様々なテクニックが必要になってきます。

 

勇気も必要かもしれません。

 

でも、合コンではそこまでのレベルは要求されません。

 

合コンでは、そこに集まった男女は皆、出会いを求めて集まっているわけです。

 

(もちろん、場合によっては人数あわせできているだけの人もいるかもしれませんが。。。)

スポンサーリンク

そのように、出会いを求めている男女ばかりが一同に介するという点でとても効率のよい出会いの場であるといえるでしょう。

 

また、そのような男女のばかりが集まっている上に、通常は、誰か友達を通じてどこかでつながっている女性であるわけです。

 

つまり、友達の友達の女性ですね。

 

友達の友達なら、親しみも沸きますし、話のきっかけが作りやすいですね。

 

共通の話題も見つけやすい部分もあります。

 

ナンパではこういうわけにはなかなかいかず、テクニックが必要です。

 

しかし、合コンでは出会いを求めてあつまったいわば「同士」なわけですから、そこでは相手のことを知ろうとして会話をしなければならない、いわば必然性があるのです。

 

この点が、合コンが、もっともメジャーな出会いの場であり、カップルが成立する可能性の高さを生み出しているのでしょう。

 

もちろん、出会いを求める男女が一同に会するという意味では、合コン以外にもお見合いパーティーや婚活パーティーなどがあるかもしれません。


しかし、それらは、最近では、お料理婚活などのイベント型パーティーは別として、多くの場合、一人の女性と話す機会というのは多くて数分程度という場合が多いです。

 

しかも、ライバルが多いです。

 

また、男性と女性に人数も同数とは限らず、男性が多いことのほうが多いです。

 

そういった中でもうまく立ち回り、お見合いパーティーなどでもてるための方法もありますが、やはりこういった状況を考えても、出会いのツールとしては合コンの方に軍配があがるのではないでしょうか?

 

これだけ、合コンが出会いの場として、有利である面を聞かされると、今すぐ合コンしたくなってきたんじゃありませんか?

 

そうです!

 

出会いを求めて、合コンをしましょう!

 

・・・でもちょっと待ってください。

 

ロールプレイングゲームでも、やっぱり度に出る前には、装備品が必要です。

 

最低限の装備品をそろえないと、レベル稼ぎにさえなりません。

 

いきなり合コンにいくぞ!

 

と意気込むよりは、せっかく本サイトを訪れてくださったからには、準備を整えていってください。

 

このサイトには、男性が合コンで女性にもてるために必要なことについては、ほとんど網羅的に書いたつもりです。

 

このサイトを見て下さった方が、合コンで素敵な女性を見つけて、うまくカップルになって下さったら、執筆した私としても大変うれしいことです。

 

合コンでもてる男になるためにぜひ、ご覧頂き、うまく活用していただければと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加